■メールを返信してもらうには

女性との出会いを求めて出会い系サイトに登録したものの返信が全くないと嘆いている男性はたくさんいるのではないでしょうか。

出会いを目的として出会い系に登録しているはずなのに、なぜこんなに男性と女性の間でギャップが生じてしまうのでしょうか。

情熱に差があるのではなくて、女性は男性にメールを送りたくても遅れない状況になっているというのが正しいです。

その実情を知らずに女性にメッセージを送ってもほとんど返信してもらえず、イライラがたまる一方です。

当サイトでは、女性が男性に返信できない細かい理由と、なるべく返信されやすいコツを解説していきたいと思います。

例えば、私の知人女性の話ですが、有名出会い系サイトにプロフィールを掲載したら、その日のうちに数十通もメールが来たそうです。

さすがに多すぎるメッセージが届いたのでプロフィールを変更したそうですが、それでも20通以上届いたそうです。

出会い系サイトでは完全に女性が売り手市場になっています。

もしあなたが女性だったとして、毎日50通以上も送られてくるメールに返信できるでしょうか。

一つのメールを数分で終わらせたとしても1時間以上かかる計算になります。なんの罰ゲームかと思ってしまうような作業を初対面の人に対してやるでしょうか。

私が女性だったらそんなことはせず、自分のタイプの人に自分のことをアピールするとおもいます。

これが当記事の最初の方で述べた、男性になぜ返信しにくい状況なのかということです。

女性は男性からのメールが多すぎて、単純に返信できていないと言うことです。

女性からの返信率を上げるためにはまず女性の目にとまる必要があります。

■返信率の高いメールの書き方

出会い系における女性側の事情がわかれば、適当なメールを送ろうとは思いませんよね。

では具体的にどういう内容を書けば女性からの返信率が上がるのでしょうか。

●まず自己紹介をする

当たり前のことですが、ファーストメールでは、まず挨拶や自己紹介をしましょう。

相手に好印象を抱いてもらうコツとしては自分の名前を本名で伝えると言うことでしょうか。

本名を伝えることで相手に安心感を持ってもらうことができます。

さらに、名前を知ってもらうことにより、呼び捨てで呼び合ったりすることにより、よりいっそう仲良くなりやすくなるツールとして機能してくれます。

なので、先に自分の名前を伝えておくことにより、自分のことは○○ってよんでねっていうかんじで、話題にもできます。

●なぜその女性にメールを送ったのか

出会い系サイトを始めたばかりの人は、プロフィールを閲覧していて、気になった人に、プロフィールが気になりました!なんてありきたりなメールを送ってしまいがちです。

プロフィールの具体的にどこが気になって何を思ったのかをファーストメールに書くことで、相手の心に響いて、好印象を持ってもらうことができます。

まずは相手のプロフィール項目をなめまわすようにみて、話のネタを考えましょう。

趣味や職業などが鉄板ネタですが、逆に言えば、他のライバルもその話題をネタにする可能性が高くなります。

なので、ここでは拾える限り相手の情報を拾って、なにが相手の心に響くのかを書くようにしましょう。

もしプロフィールなどから、相手の心に響くようなネタを拾うことができなかったら、画像などからもひらめきを得ることができます。

肌が綺麗だとか、服のセンスがいいだとか、普段言われないようなことをあえていってあげることにより、すごく喜んでもらえますし、相手の印象に残って返信してもらいやすくなります。

もし相手の自己紹介などから話のネタを拾えなかったら、相手の画像をみたときに、インスピレーションを感じた!なんてのも相手の印象に残りやすい話題になります。

●最後の一行が返信率を上げる

以外と皆さん適当に書いてしまっているのが、メールの最後の相手の返信につながる一行です。

よかったらメールしましょうとか、メール待ってますとか、一般常識的な言葉としては普通ですが、出会い系サイトの使い方としてはあまりよくありません。

こういった最後の一行で、相手の返信率をあげるためには、相手が返信したくなるような質問系で終わらせることが大切です。

相手の女性からしたらメールはつまらないし、その割になんか軽いテイストのメールだし、何でこんなやつに返信しなきゃならないんだって思ってしまいます。

また人間というのはあまり他人に興味がなく、自分がどれだけ褒めてもらえるかに意識が集中しています。

つまり、すごい丁寧な文章のメールを送ることによって、相手の女性にこれだけ私のことを思ってくれているの!って思ってもらえることができます。

こういう人間心理に根ざしたテクニックを心得ておくことにより、相手の心を揺さぶって返信率を劇的に高めることができるのです。

●ファーストメールは簡潔に書く

出会い系サイトのテクニックとしてファーストメールはなるべく長めの文章で相手のことを褒めるみたいなことが書いてありますが、それは間違ったテクニックだといえるでしょう。

長文メールに返信をしてくれる女性というのは出会える確率が高い女性ということなので、テクニックとしてはありっちゃありですが、最初のメールで長い文章だとそもそも読んでもらえる可能性が低くなります。

そもそも長文メールに返信し照れる女性よりも、ぱっとみの見た目で文章が長いだけで読んでもらえる可能性が低くなります。

そもそも、ファーストメールというのはたくさんの女性に送る必要がありますが、一通一通すべてにこれだけの時間をかけていたらどれだけ時間が合っても足りません。

ファーストメールの文章は短くても長くてもだめで、シンプルに複雑にならないように、言いたいことを簡潔にまとめることが大切です。

■出会い系サイトのメールテクニック

ファーストメールのテクニックと併せて、出会い系での全般的なコツとして以下のようなものがあるので参考にしてみてください。

どれもこれも言われてみれば当然のようなことを書いていますが、その当然のようなことを普通に実践できる人が出会いの確立をアップできる人です。

なので、当サイトの記事を参考にして、ライバルを出し抜くテクニックを身につけて、いろいろなコツを身につけてください。

●丁寧な口調でメールを書く

丁寧な文章と言っても、ものすごく丁寧すぎるのもお客様と店員みたいな関係になってしまうのであまり丁寧になりすぎないようにしましょう。

今のこの記事内容くらいの口調で十分です。

もちろんですが、お互いの仲がよくなってきて、徐々にため口なども取り入れていけばさらに仲良くなれると思いますが、最初は謙譲語や丁寧語を使うようにしましょう。

社会常識的な礼儀すらままならないような人は、バカだと思われてしまうので、印象が悪くなってしまいます。

なので、少なくともお互いの距離感が固まるまでは、お互いに丁寧語を使うことにより、尊敬してもらいやすくなるでしょう。

●貼り付けはしない

ファーストメールから一貫して守ってもらいたいのが、コピペメールは送らないと言うことです。

すべての人に当てはまるような文章を書いても、個人に響くような文章になってないので、返信されずそもそも意味がありません。

機械的な文章は中身がないので、コピペメールだと言うことが何となくわかってしまいます。

ほんの少しでもコピペメールだと思われたら、その女性から返信が来ることはないでしょう。

せっかく文章を書くのですから、時間を無駄にしないためにも相手の心に響くような文章を書きましょう。

●相手の名前を呼ぶ

相手の名前を呼ぶことで相手はこちらに親しみを感じてくれるようになります。最初の数通は一回は必ず相手の名前を書くようにしましょう。

ですが、相手の名前を書きすぎるとわざとらしさがでてしまうので、自然な感じで名前を呼びかけるようにしましょう。

●興味を聞き出す

出会い系サイトだけのテクニックではありませんが、相手に気持ちよくなってもらうには、質問のうまさが大切です。

そのために相手の興味がありそうな質問を探す必要があるのですが、相手がどういうことに反応するかというのをみる必要があります。

例えば以下の質問はだめな例ですが何がだめかわかりますか。○○さんはイタリアン好きですか?

質問した側の想定で言えば、パスタが好きです、という答えが返ってきて、じゃあ今度パスタにいきましょうという流れを考えていると思います。

この会話の流れはよくある、ありきたりすぎるパターンで、あまり面白いと思ってもらえないような内容です。

女性側からしたら、このパターンで食事の誘いを受けたことなんて過去に何十回も会ったと思うので、何もおもしろみがないのです。

いい質問形式というのは、自分の体験談を織り交ぜながら質問をしていくと言うことです。

●送信時間を一定にする

2,3通目のメールからは文章量や時間などは相手に合わせることにより、よりいっそう仲良くなることができます。

例えば、相手が5行くらいのメールだったら、こちらも4,5行くらいのメールの文章量にすることにより、いい印象を抱いてもらいやすくなります。

他には相手のメールの返信ペースが速いならこちらも早めに返して、相手が遅いならこちらも少し時間をおいて返信することにより、相手に気を遣ってもらっているという印象を持ってもらって、好かれやすくなります。

ですが、文字数にしてもメールの返信ペースにしても相手に合わせすぎると狙っている感がでてしまうので、ほどほどにしましょう。

●楽しいときにあえて中断する

お互いのエネルギーがつきるまでメールをやりとりする人がいますが、これはあまりよろしいことではありません。

なぜなら一番楽しいところはピークが過ぎてしまったので、次にメールするモチベーションがなくなってしまうからですね。

最初はすごく楽しかったけどなんか飽きてきちゃったと思われてしまったら、次のメールにつながりにくくなってしまいます。

このマンネリ化を避けるためには、お互いが楽しさのピークの時にあえてメールを中断するというテクニックがあります。

明日朝早いから程度の適当な理由を付けて、中断すれば相手も納得してくれるので、次につながりやすくなります。

●直接やりとりできるようにする

出会い系サイト内でのメールは短期間で終わらせて、お互いのプライベートなアドレスでやりとりすることがテクニックです。

男性がやりとりに対して料金を負担していることを女性も知っているので、個人的なメールアドレスに移行することを了承してくれやすいと思います。

なので、この人なら大丈夫だと思ってもらえたら、直アドでのやりとりにも快く了承してくれると思います。

10通以上やりとりをしても直接やりとりに切り替えないときは、相手の女性も男性に対してあまり好きではないのかなと思われてしまいがちです。

女性はそもそも出会い系サイトでの出会いに対して最初から不安感を感じながらやっているものです。

徐々に仲良くなれたら合ってもいいけど、すぐに会おうとしてくる男性はあまり好印象じゃないというのが実情でS。

なので、じわじわと女性の距離を縮めて、心を開いてくれるのを待っていることが大切です。

以上のルールを守ってメールをするだけで女性からの返信率は相当高くなります。

しかし、そこから返信率の高い女性だけに絞ることができれば、男性が送ったメールの返信率は高くなるでしょう。

●女子大学生

女子大生と主婦はいろいろな理由でメールの返信率が高いのですが、以下のような理由によります。

女子大生の場合はこれは単純に若いからと言う理由で好奇心の強さや、まだ人生経験があまりないのでいろいろ経験してみたいと思っているからです。

また、若い子は他人に嫌な人間だと思われたくないという気持ちが大人に比べて強い傾向があるので、そういう理由から女子大生は非常に狙い目となっています。

さらに主婦ですが、女性というのはいくつになっても男性からの視線をもらいたいと思っています。

ですが、旦那をもったり家庭に入ってしまうと、女性としてみられる機会が極端に減ってしまうので、すこしでも異性としてみてくれる男性に出会うととても嬉しいのでしょうね。

そもそも家庭を持っている主婦が異性との交流を求めて出会い系サイトに登録している時点で、ちやほやされたいという欲求があるので、簡単に落としやすい対象といえるでしょう。

●ログインが遅い時間帯の人

朝7時くらいから夕方の5時まで仕事をするという一般的な人間の生活の中で21時以降というのはとてもプライベートな時間帯だといえるでしょう。

好きなテレビや録画しておいた映画を見る人もいれば、ゲームをしたり、自分の趣味の時間に費やす時間帯です。

そんな完全にプライベートな時間を使える時間帯に出会い系サイトにログインしている女性ってどういう女性だと思いますか。

もちろん人それぞれの趣味嗜好はありますが、共通点としては真剣に出会いを探している女性ということがいえるでしょう。

そういう真剣に出会い系サイトを使ってくれている女性に対して、真剣なメールを送れば簡単に返信してくれるでしょう。

また人間としての本能として、夜の行動は本能的なものになるという心理学的なノウハウがあります。

太陽がでていて、光がさんさんと輝いているときは理性がブレーキをかけてしまい安いですが、夜であれば、人間の本能的な部分が出てきやすいという側面があります。

上記のようなことから夜遅い時間帯は男女のゴールデンタイムといっても過言ではありませ園。

●共通点があること

似ている職業だったり、出身地が近かったりなど、あなたと女性との間に共通点が多ければ多いほど、相手の返信率が高くなります。

その地域の人にしかわからないようなお店やcmなどの話はとくに盛り上がりやすいです。

そして、これはリアルの人間関係でも使えるテクニックですが、出会い系サイトにおいても使えるテクニックなので、共通点を見つけたらぜひ試してみましょう。

●相手を操る会話術

出会い系サイトでのやりとりに限らず、リアルの私生活でも自分の思い通りに相手の会話を誘導できたらいいと思いませんか。

ですが、もしそれが簡単なテクニックですぐに実践できるテクニックだったら、あなたもすぐに実践したくなると思います。

相手の会話を誘導するテクニックのコツは、相手の会話のすべてに返しのパターンを準備しておくことです。

例えば、相手と何通かやりとりをして、仲が深まってきたときに相手の名前を聞いたときにすぐに教えてくれるときと、まだ仲が深まっていなくて教えてくれないときもあります。

このとき素直に教えてくれなかったからといって、テンパってしまったりすると、せっかく構築した関係が崩れてしまいかねません。

しかし、相手がどういう返信をしてきたとしても、思いつく限りのパターンをあらかじめ想定しておくことにより、余裕を持った返しをすることができます。

そうすれば相手がどのような反応をしたとしても、最終的にあなたが導きたいポイントまで持ってくることができるはずです。

実はこのテクニックはビジネスなどでは頻繁に利用されているもので、営業マンなんかはマスターしています。

●相手と仲良くなりたいという気持ち

以上のような内容はどうでしたでしょうか。出会いのいろいろなテクニックを身につけることができたと思います

ただ、ここまでいろいろな情報を紹介しておいていうのはなんですが、純粋にあなたとお話がしたい!という強い思いがあれば相手に伝わるので返信率が上がります。

なぜかというと、女性とのやりとりというのは、型にはめてパターン化してどうにかしようとしてうまくいくものではないからです。

自分でもよくわからないのですが、相手と仲良くなりたいという思いがあれば、自然と相手に伝わって、うまくいくようになります。

ある程度やりとりが進んで、個人アドレスでやりとりをするようになったときは、自分よがりなメールにしないことです。

直アドをゲットしたからといって、自信過剰にならずに、最後まで謙虚な姿勢で大切に扱いましょう。

返信率が高くなる文章や、好意を抱いてもらえる文章というのは確かに存在しますが、人間性という一番肝心な部分をおろそかにしないようにしましょう。

何度も言いますが、出会い系でのやりとりのコツはこの人と仲良くなりたいという人間的な部分です。

本心から出てくる好意だからこそ、本当に出会いたいと思いますし、いざ出会ったときに幸せなひとときを過ごせると思います。